「笑顔になる」総合歯科診療をおこなっています。

菊地歯科矯正歯科では、一般歯科治療(むし歯・歯槽膿漏・入れ歯等)はもとより、お口のかみ合わせの状態を非常に重要に考えております。かみ合わせの不調和は、驚くほど全身にさまざまな悪影響を及ぼしています。慢性的な肩こりや偏頭痛、腰痛など歯科とは無関係なようなことも、かみ合わせの不調和が原因していることは珍しくないのです。

一本の詰め物やかぶせ物のむし歯治療でも、かみ合わせの不調を招いてしまうことがあります。部分的には治ったとしても、身体全体に不調を及ぼすこともあるのです。

当院は、歯だけに視点を置くのではなく、お口と身体全体の総合的なバランスを考慮に入れた歯科治療を行います。

ぜひ一度、当院へお越しください。笑顔になるお手伝いをさせていただきます。


噛みあわせは、あごの関節部の回転、滑走運動やあごの骨を動かす筋肉の緊張と弛緩、上下の歯の噛み方、これらが複雑に絡み合っています。これらの調和が崩れると全身にさまざまな悪影響を及ぼしてきます。当院では、詳細な噛みあわせの検査を行い、その方にあった治療計画をご提案しております

当院の矯正治療は、お口の歯並びやあごの位置を本来の生理的、機能的に安定した関係に再構成していく治療です。歯並びだけではなく機能的にも正しい働きができるように矯正することで、慢性的な頭痛や肩こり、腰痛やひざの痛みなど、整形外科でも治らない全身的な問題の解決に繋がります。

不正咬合(ふせいこうごう)は、簡単に表現するとお口の咬み合わせが正しくない状態のことを表しています。上下左右の咬み合わせのずれにより下顎(下のあご)の位置もゆがんでしまい、更には頭から全身へのゆがみを引き起こすこともあります。当院ではバランスのよい安定したかみ合わせをつくる治療に取り組んでおります。


小さい詰め物から、歯の神経の治療まで、患者様の不安に少しでもお応えできるよう、丁寧な治療がモットーです。むし歯は早期に発見・治療を行うことが大切です。むし歯になると、治療しなければ自然には治りません。当院では、むし歯が大きくなる前に早期発見することを心掛け、最小限の治療を目指しております。

きれいに見える歯でも、痛みもなく歯周病は進んでいきます。当院では、むし歯に治療はもちろんのこと、歯周病の治療にも力を入れております。歯ぐきから血が出る、歯がぐらぐらする、口臭がある・・・などお悩みの方はこれ以上症状を進めないためにも、早期に発見治療することが大切です。

治療で恐怖や緊張が強すぎると、麻酔も効きづらくなりお口の周りの筋肉が緊張するために逆に安全に治療ができません。かと言って急いだ治療は、かえって痛む可能性が出てくるため、当院ではリラックスできる雰囲気づくりを心掛け、徐々に怖さや緊張に慣れるように、少しずつステップを踏んで治療を進めております。



◆院長執筆書籍

[夢じゃない!無理じゃない!あなたもスーパー矯正ドクター]

従来常識とされた「抜歯矯正」ではなく、垂直的思考による矯正治療

生体にとってより生理的に適応しやすい咬合環境を再構築しようとする矯正治療の実際の症例を提示しながら、ビジュアルに解説しました。

歯界展望 2012年1月号~6月号

咬合再生構築を主眼に置いた症例を提示し、従来の矯正治療への疑問や新しい取り組みについて説明しました。

*他にも上記のようにたくさんの歯科雑誌に、執筆があります。



年末年始の休診について

平成30年12月28日(金)~平成31年1月4日(金)は休診させていただきます。


◆診療時間

 
  9:00~13:00 × ×
 14:00~18:00 × ×

※休診日:木曜日・日曜日・祝日

◆ご予約・お問い合わせ

03-3655-4618

駐車場完備 4台