治療のながれ

STEP1.初診相談

矯正治療は通常の歯科治療とは少しちがいます。

矯正治療というのは、どういうようなものなのか?

自分(お子さん)にとって、今必要なのか?どのような方法でやるのか?

等々いろいろな疑問や心配がおありだと思います。

 

そうした方々に、大まかな矯正治療のご説明とその方にいま矯正治療が必要なのかなどをそれぞれの資料をもとに個別にカウンセリングさせていただきます。

30分~45分 3000円(税別)

STEP2.噛み合わせ総合診査

矯正治療は、歯と顎の位置関係を変えながら治療していきます。歯と顎の位置関係は、お顔全体のバランス、全身的なバランスにも大きな影響を与えるため、見た目だけではなく顎の機能的な検査も行うことで、本体の生理的、機能的に安定した関係に再構成していきます。

 

矯正治療に入る前には、非常に綿密な資料作りとそれらの分析が必要です。

詳しくはこちら→

STEP3.検査結果の説明と診断

診査によって集められた情報に基づいてその方の 噛み合わせやあご関節などの状況を分析しさらには全身にそれらの 影響が及んでいるかについても検討し、その結果を約45分~1時間かけてご説明いたします。

STEP4.矯正治療開始

矯正治療期間は、一般的に治療期間が長く約2年から3年と長期の治療期間を必要としています。

しかし、菊地歯科矯正歯科では、機能的歯列矯正治療の考え方を重視した新しい矯正治療法によって、治療期間を従来の約半分以下の約1年から1年6ヶ月の治療期間で治療を行うことができるようになりました。

 

◇矯正治療期間中の通院間隔 2週間に一度(約60分)

お仕事やその他ご都合によっては3週間空いても可能ですが、お口の変化の確認や治療の進行上2週間に一度のペースが大切です。

 

◇毎回の処置の流れ

1.お口についているワイヤーを外します。

2.お口の中をクリーニングします。

  普段磨きにくいところもきれいにクリーニングします。

3.経過資料として写真撮影と、必要に応じてレントゲン写真や歯型を取ります。

  治療の進行具合を記録していきます。

4.調整したワイヤーを再びお口に装着します。

STEP5.矯正治療終了

ワイヤーによる歯の移動が終了したら歯列を支えている骨(歯槽骨)が安定するまでの期間は、写真のようなリテーナーと呼ばれる保定装置をお使いいただきます。これは歯列のコルセットの役割をします。

STEP5.治療後のメンテナンス

矯正治療終了後の保定期間は2年間で、保定装置の管理と咬合の管理をいたします。

2~3か月に一度の来院で、定期診査を行います。